| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

森繁久弥さん死去

森繁久弥

訃報:俳優・森繁久弥さん96歳 戦後芸能界 多彩な活躍
ラジオ、映画、テレビ、舞台、歌と戦後の芸能界の全分野で活躍し、古典芸能以外のジャンルで初めて文化勲章を受章した森繁久弥(もりしげ・ひさや)さんが10日午前8時16分、老衰のため東京都内の病院で死去した。96歳。葬儀の日取りは未定。喪主は次男建(たつる)さん。
芸能人の訃報を聞くたびに、次は「森繁」さんかなぁ~と思ったりしたものだが、とうとう本当になってしまった。もっとも96歳の大往生ということで、表面化している各界のコメントも穏やかなものが多いようだが・・・

ずいぶん前に「長生きするという事は残酷なことだ」と語られたことを思い出す。奥さんや長男に先立たれ、身近な友人がどんどんいなくなる状況のことゆえとも思うが、なんか寂しい。そんな印象が残っていた。

葬儀やお別れの会などは、芸能界あげての盛大なものになるのでしょうね。

合掌

≫ Read More

スポンサーサイト

| 芸能 | 09:04 | comments:0 | trackbacks:5 | TOP↑

≫ EDIT

ニューハーフ世界一

ニューハーフ世界一

はるな愛、ニューハーフ世界一に
0月末にタイで開かれたニューハーフ世界一を争うイベント「ミス・インターナショナル・クイーン2009」で栄冠に輝いたタレント、はるな愛(37)が3日、東京都内で行われたファースト写真集「I●(=ハート)AI」(東京ニュース通信社)の発売記念イベントに参加し、優勝報告会見を行った。はるなは「優勝できたのは夢みたいで信じられない。毎日、ダイエットで頑張ってきたご褒美だと思う」と喜びを爆発させた。
大きなニュースになっていたようですが・・・周辺の候補の方がより魅力的でどちらかというと、「なんで?」という印象が拭えません。

日本国内でも「はるな」より「美人」なニューハーフはたくさんいるでしょうし、今後はこういう大会自体がメジャーなタイトルになるかも知れませんね。(笑)

まっ!どうでもいい世界一ですからそのあたりは誰も目くじら立てないようですが、どんなもんなんでしょうね?^^

| 芸能 | 08:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の褒章「中島みゆき」

中島みゆき

秋の褒章、中島みゆきさん・久石譲さんら

政府は2日付で、2009年秋の褒章受章者678人(うち女性120人)と24団体を発表した。3日に発令される。 学術や芸術、スポーツなどの分野で活躍した人に贈られる紫綬褒章には、シンガー・ソングライターの中島みゆきさんのほか、「崖の上のポニョ」など宮崎駿監督のアニメ映画の音楽で知られる作曲家の久石譲さん、五輪で5個の金メダルを獲得し「体操ニッポン」の黄金期を担った塚原光男さんら25人が選ばれた。

へー「中島みゆき」が、と思って年齢をみてみると、すでに57歳。。。

75年にヤマハポプコンに出てメジャーデビューして34年ですか!?
その間、常にヒットを世に出しその存在感を持ってすれば「褒章」に値するという事なんでしょう。おめでとうございます。^^

ヤマハの資料を見てみると・・・
76年庄野真代、77年世良公則、78年円広志、79年クリスタル・キング、80年伊丹 哲也と続いている。関わりがあったのが、世良、円、伊丹らですべて関西(大阪)で活動していた。

中でも世良は同じ大学の同級生だったこともあり、交流があった・・・
当時、ミナミのディスコとレストランの運営業務委託を受けていた学生グループ「ボルサリーノ・プロジェクト・カンパニー」の代表だった私は、日曜の午前中、空きになっているディスコのフロアをバンド・演劇グループ・カメラマンなどに開放していた。そしてヤマハの予選前、ツイストも頻繁にきていた。(笑)

今でもその当時のプロジェクトは名前を変えて生きているらしい。
「世良プロジェクト」として(笑)

≫ Read More

| 芸能 | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三遊亭円楽さん死去

えんらく-s

「笑点」元司会者・三遊亭円楽さん逝く
日本テレビ系の演芸番組「笑点」の司会者として親しまれた落語家・三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・吉河寛海=よしかわ・ひろうみ)さんが、29日午前8時15分、都内で肺がんのため死去した。76歳。05年に脳梗塞(こうそく)を患い、その後胃がんや肺がんを手術するなど晩年は病気との闘いの連続だった。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く予定。
各局で三遊亭円楽さん追悼番組

関西で生まれ育った環境でいうと、日頃TVで上方落語や吉本&松竹新喜劇などを見て育ったが「笑点」は見ていた。^^当時の司会者は、三波伸介で円楽さんは大喜利メンバーだった。三波さん亡き後司会者になったが・・・その頃にはもう見なくなっていたなー。

昨晩、円楽さんのドキュメントをみた。
脳梗塞で倒れながらもリハビリを行い高座に復帰するのだが・・・「呂律がまわらない」という自分の芸に満足いかず、「恥をさらしたくない」というところで引退する内容だった。同じ様な状況の中、関西では上方落語の頂点にいらしゃる桂米朝さんもその様なことを言っていた。

一時、桂米朝師匠の古典落語のCDをいくつか購入して車で聞いていたが・・・全盛期のキレのいい話芸はまさに芸術だと思う。アレは何処に行ったのかな?後で探してみよう。(^ー^;A

という事で、円楽さん家族に看取られてよかったですね。合掌。

≫ Read More

| 芸能 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。