2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石井一・民主副代表に献金 マルチ商法業界から 

民主党副代表の石井一参院議員(比例)が代表を務めていた「民主党兵庫県第1区総支部」が二〇〇三年、マルチ商法業界の政治団体やその幹部企業から計四百五十万円の献金を受けていたことが十八日、分かった。

 石井副代表は〇三年当時衆院議員で、同年九月に政治団体を支援する議員連盟を設立し名誉会長に就任。事務局長は業務停止命令を受けたマルチ商法業者などから資金提供を受け、業界寄りの国会質問をしたと指摘されている前田雄吉衆院議員=民主党離党=だった。

 政治資金収支報告書によると、民主党兵庫県第1区総支部は議員連盟発足直後に「流通ビジネス推進政治連盟(現ネットワークビジネス推進連盟)」から三百万円、同連盟の幹部企業から百五十万円の献金をそれぞれ受けていた。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001527446.shtml
(10/18 12:12)
スポンサーサイト

| 政治 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NY原油70ドル割れ…ガソリン、穀物下落で物価高も一服?

NY原油70ドル割れ…ガソリン、穀物下落で物価高も一服?

 原油の国際価格が、3か月前の半額以下に下がってきた。16日のニューヨーク原油先物市場で、価格の国際的な指標となるテキサス産軽質油(WTI、11月渡し)が1バレル=70ドルを割り込んで取引を終えた。
Click here to find out more!

 取引途中の最高値147・27ドルを記録した7月11日から、わずか3か月での急落だ。これを受け、日本でもガソリンの店頭価格が下落を続けており、身近な商品の値上がりも一服する可能性がある。(ニューヨーク 山本正実、経済部 二階堂祥生)

 16日のニューヨーク市場では、WTI価格は一時、1バレル=68・57ドルまで下がった。原油価格が70ドルを割り込んだのは、2007年8月以来、約1年2か月ぶりだ。終値は、前日比4・69ドル安の1バレル=69・85ドルと、3営業日連続で下落した。

 7月以降の急落は、米国発の金融危機の深刻化と軌を一にしている。

 一時的には、株式市場から逃げ出した資金が原油市場に流れ込み、相場が急騰する場面があったものの、世界的な景気後退で石油需要が減るとの見方からほぼ一本調子で下がってきた。

 このため、日本のガソリン店頭価格は今月中に150円台を付ける可能性が出てきた。石油元売り大手の出光興産は17日、ガソリンの卸価格を10月20日から、前週より1リットル当たり7・9円値下げすると発表した。

 石油情報センターによると、レギュラーガソリンの全国平均店頭価格(1リットル当たり)は14日時点で161・6円となっている。

 一方、食品メーカーなどの間にも、身近な商品の値上げを踏みとどまる動きが広がる可能性がある。原油価格下落で輸送費や包装材の価格上昇に一服感が出ているだけでなく、穀物などの国際価格も下落し、さらに家計が節約傾向を強めているためだ。

 日清食品は当面の間、即席めんの値上げを見送る方針を固めた。製パン最大手の山崎製パンは、検討していた来春以降のパン類値上げを実施しない方針だ。輸入小麦の政府売り渡し価格の引き上げ率が、当初見込みの30%から10%に圧縮されたほか、小麦の国際的な値動きも落ち着いていることが影響している模様だ。

 ただ、原油価格の下落基調が続くかどうかは予断を許さない。石油輸出国機構(OPEC)は下落に歯止めをかけるため、24日に緊急総会を開いて大幅な減産に踏み切る見通しだ。

 投機筋も、抱え込んだ現金をいつ原油市場に流し込むか予測がつかない。
(2008年10月17日12時11分 読売新聞)

| 経済 | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新井組破綻、調査報道

人通りが絶えない神戸・南京町近くのホテル建設予定地。事業主のアーバンコーポレイション(広島市)が八月に破たんし、工事は止まった。

 神戸港周辺では、市の再開発事業を含む二件のホテル計画が中断している。アーバン破たんもホテル中断も、引き金は米サブプライム住宅ローン問題。神戸市みなと総局の担当者は「サブプライムがここまで響くとは」と肩を落とす。

                  ◇

 ここ一、二年の地価上昇で、新興不動産業者の台頭が目立った。マンションやオフィスビルを開発して国内外の不動産投資ファンドに売却、ファンドは賃料などで収益を得る-という図式。金融機関は不動産業者に次々と貸し込んだ。

 ところが、住宅ローン返済がこげついたサブプライム問題を機に、金融機関は不動産事業の先行きに不安感を持ち、ファンドや不動産業者への融資を引き揚げ始めた。

 南京町近くにホテルを建てる予定のアーバン社は、黒字決算なのに資金繰りに行き詰まった。ミナトにホテルを建てる予定だった大阪と東京の不動産会社は、いずれも資金調達が難しくなった。

 今年に入って、上場不動産会社の倒産も相次いだ。中には新井組の取引先も二社あり、計約六億三千万円の債権がこげつく恐れが生じた。

 規制強化や資材高による新井組の業績悪化に拍車がかかり、株価も下落。資材購入に手形でなく現金払いを求められるケースも増え、資金繰りが悪化していった。

                                            ◇

 株価急落は十日も続き、東京市場の終値は前日比9・62%安と過去三番目の下落率となった。投資家は持ち株の処分を急ぎ、それがさらに株価を引き下げる。

 「県内ゼネコン最大手の新井組すら破たんしたが、ほかの県内企業にはこの荒波を乗り越えて欲しい」。朝、三宮の証券会社で株価ボードを見ていた女性は祈るように話した。

 日本経済に、地域経済に、サブプライムはどこまで影響を与え続けるのか。出口は、まだ見えない。(三宅晃貴)

(10/11 09:34)

| 経済 | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーマン・ブラザーズ

リーマン・ブラザーズ

ニューヨーク・ウォール街に本拠を置く名門証券会社。創業は1850年。綿取引から証券業に進出、国際的に事業展開した。
日本との接点は、日露戦争開戦の1904年。戦費調達の国債を引き受けた証券会社クーン・ローブを、後に吸収合併したのがリーマンだ。86年に東京支店を開設し、対日ビジネスを強化していった。一般に注目されたのは、ニッポン放送株の買い占め事件。ライブドアが発行した800億円の転換社債型新株予約権付社債を引き受け、同社の軍資金を支えた。
2008年9月11日、経営難で株価が急落していることを受け、米銀2位バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)など他の金融機関との身売り交渉に入ったと複数の米メディアが報道。ところが14日、バンカメはリーマン同様にサブプライム問題関連の損失拡大に苦しむ米証券3位メリルリンチの買収に転じた。15日午前(日本時間15日夜)、米リーマン・ブラザーズは連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。これを受け、日本法人のリーマン・ブラザーズ証券も16日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。帝国データバンクによると、負債総額は持ち株会社を含め計約3兆9000億円に上り、2000年10月の協栄生命保険(負債総額4兆5297億円)に次ぐ戦後2番目の大型倒産となる。

| 経済 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

与野党「話し合い解散」の様相、首相いつ決断?

2008年度補正予算案と新テロ対策特別措置法改正案の早期成立に民主党が協力する構図になったことで、与野党では「10月下旬衆院解散―11月中下旬衆院選」という観測が強まってきた。

 事実上の「話し合い解散」という見立てだが、一方で、株価急落による経済情勢の悪化で衆院選は年明けにずれこむ、という見方もある。解散権を握る麻生首相はどう動くのか――。

 ◆大島―山岡ライン

 「来週には補正予算が成立する。新テロ法改正案も今月中に議決されるだろう。来月には国民の皆さんの審判を受ける衆院選の時を迎えるのではないか」

 自民党の中川秀直・元幹事長は8日、東京都内での街頭演説で、インド洋での海上自衛隊の給油活動を継続するための新テロ法改正案が成立した後、10月下旬の衆院解散、11月中下旬の投開票という日程で衆院選が行われるという見通しを示した。麻生首相が強い意欲を見せてきた補正予算案と新テロ法改正案に対し、民主党がここへ来て協力姿勢を示したことが、こうした「10月下旬解散」という見方につながっている。

 民主党の国会戦術を主導したのは、小沢代表側近の山岡賢次国会対策委員長で、山岡氏の「カウンターパート」は麻生首相の腹心、大島理森・自民党国対委員長だ。このため、〈大島―山岡ラインで、民主党の協力と引き換えに新テロ法改正案成立後に衆院解散する取引をしている〉という観測を生んでいる。

 ◆3者の思惑合致

 事実上の話し合い解散は、「首相、民主党、公明党の思惑がきれいに合致するシナリオだ」(自民党若手)という指摘がある。

 首相にとっては、景気対策と国際貢献という二つの実績を内外にアピールできる利点がある。民主党も、「選挙が先送りされると選挙資金に不安がある」(幹部)中で、早期解散が期待できる。

 公明党も、早期解散により、創価学会を提訴している矢野絢也・元公明党委員長の国会招致を避けることが可能になる。新テロ法改正案を衆院で3分の2の多数で再可決するのには難色を示していた同党が、方針を転換したのも、早期解散の実現を優先するためだ。

 実際、与党でもすでに選挙事務所を開設した議員がいるため、「あまり先延ばしされると、こっちも辛抱できなくなる」(山崎派幹部)という本音が漏れている。「10月下旬解散」に“期待”する向きは多い。

 10月24、25両日には、北京でアジア欧州会議(ASEM)首脳会議が開かれ、首相は訪中を予定している。これ以前に新テロ法改正案が成立し、10月20日の週に衆院解散すれば、衆院選は「11月4日公示―16日投開票」となる公算が大きい。

 衆院解散が27日の週の場合、最も早いタイミングの衆院選は「11月11日公示―23日投開票」となるが、22、23両日にはペルーでアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議がある。APECにはブッシュ米大統領ら各国首脳が参加するため、首相も出席すると見られる。その場合、衆院選は「11月18日公示―30日投開票」となる可能性が高い。

 与党は今月末にも、追加的な景気対策を策定する方針だ。「10月下旬解散」なら選挙戦でアピールできることになり、これも根拠の一つとなっている。

 ◆経済不安で先送り論も

 自民党には「10月下旬解散が最適かどうか、もう少し見極めが必要だ」という声も少なくない。米国発の金融危機に端を発した経済の混乱があるからだ。

 「今日も日経平均株価が暴落している。こんな時に政治空白を2か月近くも作っていいのか」

 自民党本部で8日に開かれた選挙対策委員会でも、複数の委員から衆院選先送りを強く求める声が出た。

 米国は、11月4日の大統領選から各省庁の政治任用職がおおむね決まる来年4月ごろまで「政権空白期」に入る。そうした中で「第2の経済大国である日本までが政治空白を作っていいはずがない」(加藤紘一・元幹事長)というわけだ。

 こうした大幅先送り論には、「景気が悪化する中で選挙をやるのは民主党を利するだけ」という本音も透けて見える。自民党が9月末に実施した情勢調査は「自民215、民主214で互角」という結果だったといい、執行部にも「いま選挙をやっても勝利の確信を持てない」という声が広がっていることも影響しているようだ。

 ただ、首相や閣僚の失言で内閣支持率が下がったりすれば、民主党は対決姿勢や引き延ばし戦術に転じるかもしれない。新テロ法改正案の参院審議が引き延ばされれば、衆院解散は早くても年末、衆院選は年明けにずれこむことになる。

 「その時に景気が悪化していれば、首相は解散権を封じられた状態に陥る。経済情勢が本当に深刻な状況になる前に解散しないと、選挙のタイミングを逸する」(与党幹部)という指摘も出ている。
(2008年10月9日03時04分 読売新聞)

| 政治 | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「かわいがりは制裁」 検察側、経緯を詳述 力士暴行死

角界を揺るがした大相撲・時津風部屋の若手力士暴行死事件。名古屋地裁で7日始まった初公判には、遺族だけでなく大勢の傍聴人が詰めかけた。検察側は冒頭陳述で、兄弟子らが絶対的な存在である前親方と共謀して無抵抗の若者に暴行を加えたとして、その経緯を詳述した。

     ◇

 検察側が冒頭陳述で主張した暴行の実態は、「かわいがり」に名を借りた制裁にすぎないというものだ。

 ■07年6月25日夜の暴行

 「おまえらも教えてやれ」

 午後8時ごろ、親方(当時)の山本被告が空になったビール瓶を斉藤さんの額に打ち下ろすと、3被告らに言い放った。斉藤さんの額からは血が流れていた。

 さらに、親方は「逃げるかもしれないから、鉄砲柱に縛り付けておけ」と指示。

 意図を察した藤居被告は「連れて行きます」と言って、斉藤さんを大広間から洗濯場に連れ出した。藤居、伊塚、木村の3被告が代わるがわる顔や腹を殴り、下半身をけりつけた。

 その後、けいこ場に連れて行き、他の兄弟子と鉄砲柱に縛り付けた斉藤さんに約30分間、藤居、木村の両被告が顔面に数回張り手を浴びせた。

 大広間に連れ戻された斉藤さんに親方が「おれがここまで怒ったのは初めてぐらいだ。なめとんのか。怒らしたら怖いんだ」などと怒鳴りつけたため、3被告らは再び洗濯場で殴るけるの暴行を加え、藤居被告は直径約4センチの木の棒で尻などを打ち据えた。

 暴行の後、親方は藤居被告に「お前ら、あんまりやっていないなあ。顔とか全然腫れてないじゃないか」と注文をつけた。

 ■26日午前の暴行

 午前11時ごろ、通常のけいこが終わり、親方は木村被告に斉藤さんとぶつかりげいこをするよう指示した。投げられて土俵に突っ伏し、起きあがれない斉藤さんを無理やり立たせ、数十発の張り手を浴びせ、土俵上を引きずり回し、脇腹をけり上げた。伊塚被告ら他の兄弟子も土俵に上がった。


親方自身は木の棒を両手で持ち、斉藤さんの尻をバットスイングのように打ちつけた。斉藤さんは「うわっ」と悲鳴を上げた。親方が土俵内に木の棒を投げ込むと、これを兄弟子の1人が拾い上げて尻などを殴りつけた。伊塚被告は金属バットを持ち出し、尻を殴った。

 動かなくなった斉藤さんを見て、親方は土俵の外に連れ出すよう兄弟子らに指示。親方は、起きあがらない斉藤さんを座らせ、顔面にジェットノズル付きのホースで水を浴びせた。斉藤さんはそのまま、動かなくなった。

 親方は、斉藤さんの死後、愛知県警の事情聴取が始まるとビール瓶で殴ったことを兄弟子らに口止めした。

     ◇

 3被告はいずれも白いワイシャツに黒いズボン姿で入廷し、傍聴席の遺族に向かってそれぞれ一礼した。まげを落とし、丸刈りになっていた。

 裁判長に促され、大きな体の3人が被告席に並んだ。検察官が起訴状を読むと、藤居被告は顔の汗をぬぐった。

 罪状認否で伊塚被告は「傷害致死については認めます」とか細い声で述べた。木村被告を含む3人とも起訴事実は認めつつ、「違うところがある」「一部異なるところがある」などと主張した。

 3被告が罪状認否を始めると、傍聴席の最前列に座った斉藤俊さんの父正人さん(51)は、身を乗り出すようにして3人を見つめていた。

 弁護側は冒頭陳述で、前親方が「鉄砲柱に縛り付けろ」と最初に指示した際、「異常な指示だったので、兄弟子たちは最初、誰も動かなかった」と述べた。

 6月26日にぶつかりげいこを前親方から指示された木村被告の心境についても「内心は『なぜ』と不満に思ったが、親方の指示に従うことが原則で、逆らえなかった」と説明した。この間、3被告は下を向いたままじっと聴き入っていた。


検察側は大型モニターを使って冒頭陳述をしたが、3被告はモニターに目をやることなく聞いていた。
http://www.asahi.com/national/update/1007/NGY200810070018.html

| 社会 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新テロ法案は今国会で審議、補正成立後に…自民国対委員長

野党の国会対策委員長が5日、NHK、テレビ朝日の報道番組に相次いで出演し、自民党の大島理森国対委員長は、2008年度補正予算成立後、今国会でインド洋での海上自衛隊の給油活動を延長する新テロ対策特別措置法改正案の審議に入る考えを示した。

 公明党の漆原良夫国対委員長も、同改正案への対応について「野党が(参院で)期間内で否決したら、3分の2を使うことは十分あり得る」と述べ、衆院での再可決による成立を容認する考えを示した。

 大島氏は、衆院解散・総選挙の時期について「補正予算の成立は何としても図る。それから、テロに対する各党の意見を聞き、党首討論も是非やってみたい。そういう状況の中で、国民に信を問わなければならない時は、当然、麻生首相が決断されると思う」と述べた。

 追加経済対策については「すでに検討に入っており、出来るだけ早く国民に示す」と述べ、補正予算成立後に打ち出す方針を明らかにした。

 一方、民主党の山岡賢次国対委員長は、補正予算案の参院予算委員会での審議日数について、「最低5日はいるかなという感じがする」との認識を示した。
(2008年10月6日02時28分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081005-OYT1T00457.htm

| 政治 | 09:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。