PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「かわいがりは制裁」 検察側、経緯を詳述 力士暴行死

角界を揺るがした大相撲・時津風部屋の若手力士暴行死事件。名古屋地裁で7日始まった初公判には、遺族だけでなく大勢の傍聴人が詰めかけた。検察側は冒頭陳述で、兄弟子らが絶対的な存在である前親方と共謀して無抵抗の若者に暴行を加えたとして、その経緯を詳述した。

     ◇

 検察側が冒頭陳述で主張した暴行の実態は、「かわいがり」に名を借りた制裁にすぎないというものだ。

 ■07年6月25日夜の暴行

 「おまえらも教えてやれ」

 午後8時ごろ、親方(当時)の山本被告が空になったビール瓶を斉藤さんの額に打ち下ろすと、3被告らに言い放った。斉藤さんの額からは血が流れていた。

 さらに、親方は「逃げるかもしれないから、鉄砲柱に縛り付けておけ」と指示。

 意図を察した藤居被告は「連れて行きます」と言って、斉藤さんを大広間から洗濯場に連れ出した。藤居、伊塚、木村の3被告が代わるがわる顔や腹を殴り、下半身をけりつけた。

 その後、けいこ場に連れて行き、他の兄弟子と鉄砲柱に縛り付けた斉藤さんに約30分間、藤居、木村の両被告が顔面に数回張り手を浴びせた。

 大広間に連れ戻された斉藤さんに親方が「おれがここまで怒ったのは初めてぐらいだ。なめとんのか。怒らしたら怖いんだ」などと怒鳴りつけたため、3被告らは再び洗濯場で殴るけるの暴行を加え、藤居被告は直径約4センチの木の棒で尻などを打ち据えた。

 暴行の後、親方は藤居被告に「お前ら、あんまりやっていないなあ。顔とか全然腫れてないじゃないか」と注文をつけた。

 ■26日午前の暴行

 午前11時ごろ、通常のけいこが終わり、親方は木村被告に斉藤さんとぶつかりげいこをするよう指示した。投げられて土俵に突っ伏し、起きあがれない斉藤さんを無理やり立たせ、数十発の張り手を浴びせ、土俵上を引きずり回し、脇腹をけり上げた。伊塚被告ら他の兄弟子も土俵に上がった。


親方自身は木の棒を両手で持ち、斉藤さんの尻をバットスイングのように打ちつけた。斉藤さんは「うわっ」と悲鳴を上げた。親方が土俵内に木の棒を投げ込むと、これを兄弟子の1人が拾い上げて尻などを殴りつけた。伊塚被告は金属バットを持ち出し、尻を殴った。

 動かなくなった斉藤さんを見て、親方は土俵の外に連れ出すよう兄弟子らに指示。親方は、起きあがらない斉藤さんを座らせ、顔面にジェットノズル付きのホースで水を浴びせた。斉藤さんはそのまま、動かなくなった。

 親方は、斉藤さんの死後、愛知県警の事情聴取が始まるとビール瓶で殴ったことを兄弟子らに口止めした。

     ◇

 3被告はいずれも白いワイシャツに黒いズボン姿で入廷し、傍聴席の遺族に向かってそれぞれ一礼した。まげを落とし、丸刈りになっていた。

 裁判長に促され、大きな体の3人が被告席に並んだ。検察官が起訴状を読むと、藤居被告は顔の汗をぬぐった。

 罪状認否で伊塚被告は「傷害致死については認めます」とか細い声で述べた。木村被告を含む3人とも起訴事実は認めつつ、「違うところがある」「一部異なるところがある」などと主張した。

 3被告が罪状認否を始めると、傍聴席の最前列に座った斉藤俊さんの父正人さん(51)は、身を乗り出すようにして3人を見つめていた。

 弁護側は冒頭陳述で、前親方が「鉄砲柱に縛り付けろ」と最初に指示した際、「異常な指示だったので、兄弟子たちは最初、誰も動かなかった」と述べた。

 6月26日にぶつかりげいこを前親方から指示された木村被告の心境についても「内心は『なぜ』と不満に思ったが、親方の指示に従うことが原則で、逆らえなかった」と説明した。この間、3被告は下を向いたままじっと聴き入っていた。


検察側は大型モニターを使って冒頭陳述をしたが、3被告はモニターに目をやることなく聞いていた。
http://www.asahi.com/national/update/1007/NGY200810070018.html

| 社会 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://kaizins.blog46.fc2.com/tb.php/14-b4608ba7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。