PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長州流しきたり返上? 山口県、閣僚就任祝賀会を断念

安倍元首相をはじめ数多くの大臣が輩出している山口県では、地元議員の入閣のたびに、県が自民党などと共催し、祝賀会を開いてきた。「自民党王国」ならではの慣行だ。しかし、24日に発足した麻生内閣では官房長官に河村建夫氏(衆院山口3区)が起用されたものの、県はこのしきたりをやめることにした。公務員の政治的中立性を保てないという指摘を無視できなくなったためだ。

 長州藩の流れをくむ山口県は、初代の伊藤博文から戦後の岸信介、佐藤栄作、安倍晋三の3氏まで計8人が首相となった。県選出の閣僚も多く、2カ月足らずで終わった福田改造内閣にも高村正彦外相(衆院山口1区)、林芳正防衛相(参院山口選挙区)がいた。

 県によると、県が主催した祝賀会などは資料で確認できる80年以降で14回を数える。昨年9月に突然辞任した安倍元首相に対しても、12月に「前総理を囲む会」を催した。

 福田改造内閣で初入閣した林前防衛相の祝賀会も8月に開いた。自民党県連などと共催し、二井関成知事や県議ら約240人が出席。県職員が案内状発送や会場受け付けを公務として行った。

 これに対し、共産党は「憲法、地方公務員法から許されない」と県に主催者を辞退するよう求めたが、県は「純粋にお祝いするためで政治的意図はない」と説明。二井知事も開催前には「特におかしいと思わない」と述べていた。

 だが、福田改造内閣の閣僚の祝賀会を他の都道府県が主催した例は皆無で、総務省も「県民に誤解を招かないよう説明する必要がある」との見解だ。二井知事は今月18日になって「誤解のないような形で見直すべきだ」と言わざるを得なかった。

 河村官房長官の祝賀会について、県は「知事の打ち出した方向に沿うよう検討している」と明らかにした。自民党県連も「県と一緒にやることにはならないだろう」と話している。(近藤郷平)

■山口県と自民党県連などが主催した祝賀会(2001年以降、敬称略)

01年 1月 高村正彦 法相

03年12月 河村建夫 文科相

06年 1月 安倍晋三 官房長官

07年12月 安倍晋三 前首相

08年 1月 高村正彦 外相

    8月 林芳正  防衛相

 (山口県調べ。安倍前首相は辞任後に開催)
http://www.asahi.com/politics/update/0925/SEB200809250001.html

| 政治 | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://kaizins.blog46.fc2.com/tb.php/6-69341fd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。