PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野田内閣閣僚


藤村修官房長官


野田佳彦新内閣の官房長官に就任する藤村修・前民主党幹事長代理(61)は2日午前、閣僚名簿を発表した。財政再建を担う財務相に安住淳・前国会対策委員長(49)を起用。外相に玄葉光一郎・前国家戦略相(47)、総務相兼沖縄北方相に川端達夫衆院議院運営委員長(66)、経済産業相に鉢呂吉雄・元国対委員長(63)が就任する。代表選の決選投票で野田氏支持に回った鹿野道彦氏(69)は農林水産相に再任する。同日午後に皇居で認証式を行い、野田新内閣は正式に発足する。
野田内閣閣僚人事詳細

挙党一致と言うことで、派閥、グループからまんべんなく登用した人事で、民主党内では概ね満足してるのではないでしょうか?しかしながら、肝心の幹事長を親・小沢の興石氏にお願いしたというのは、納得行きません(笑)当初、小沢氏は代表選の折に興石氏を担ごうとして固辞された経緯があります。また、代表選の前に前原氏が訪れた際にも、協力の条件として幹事長ポストを要求し具体的にあげた名前が興石氏だったとも言われています。

結果、野田氏が代表選で勝利して、幹事長に興石氏を登用。これは一体何を意味するのでしょうか?野田氏が勝利した上で小沢氏の意向を尊重した。それは大きな恩を売った。そのプロセスの上に成り立って居る以上は挙党態勢で自分の政権に協力して貰える。という大きな決断だったのでしょうか?

野田氏の考えがわかりませんねー?

代表の任期は来年9月・・・その時には主流派は今度こそ前原氏を担ぐでしょう。一方小沢系もなんとしてでも小沢氏に代表を!と今回以上に必死になるでしょう。もちろん再来年の夏までには、衆院は解散、総選挙が待ってます。どう考えても野田政権は来年9月までの短命政権です。

それ以上に、野田氏は前政権時代の野党とのマニュフェストの見直し「3党合意」を進めると公言しています。勝手なマニュフェストの見直しには絶対反対!と鳩山元首相グループや小沢グループとの対立は依然として残っています。

人事面での挙党一致はとりあえず出来たものの、残された課題はどう解決するつもりなのか?今後の手腕が問われますねー?

あっひとり蚊帳の外に置かれてしまった仙石氏の扱いはどうするんでしょうね?www

| 政治 | 14:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://kaizins.blog46.fc2.com/tb.php/60-07a7475c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。